U18侍ジャパンの常葉大菊川・根来、国士舘大に合格「4年後は絶対プロ」

侍ジャパンU―18日本代表で、昨夏甲子園16強の常葉大菊川野球部・根来龍真捕手(3年)が15日、東都大学リーグ2部・国士舘大21世紀アジア学部に二期のスポーツ推薦入試で合格した。
打線ではチームの4番として活躍し、守備でもエース右腕・漢人友也(3年=立正大進学)と共にアジア選手権3位に貢献した。「4年後は絶対プロと明確な目標を描く上で、国士舘大を選んだ。」
ジャパンでプレーしながら「木製バットへの対応力がなかったし、体つき的にもプロでやっているイメージが沸かなかった」が理由だ。誘ってくれた辻俊哉監督(39)は元プロの捕手出身。さらに主将の増田来希捕手(3年)といずれも常葉大菊川の先輩という環境も背中を押した。
早速、16日から大学の練習に合流する。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。