ドラ1吉田輝星、清宮さん内角えぐります 日本ハム紅白戦で“甲子園スター対決”

16日の日本ハム紅白戦(かいぎんスタジアム)で白組の先発を務めるドラフト1位・吉田輝星投手(18)=金足農=が15日、初対決が濃厚な清宮幸太郎内野手(19)に内角攻めを予告した。
18・44メートル先で立ちはだかる清宮の姿は既にイメージできている。「左打者なので、右ピッチャーからすれば内角を攻められるかどうか」。自慢の直球で懐をえぐり、完璧に抑え込む絵図だ。
前日のブルペンでは球団関係者を左打席に立たせて“仮想清宮”で投げ込み、初実戦前の最終調整を終えた。「当てちゃダメですけど、際どいところに行くイメージを持ちたいです」。甲子園で活躍した怪物の姿は「異次元でした。
3年間のホームラン数の記録を見てもと右腕。それでも、強気に攻める。この日、2軍キャンプは休養日。
吉田輝VS清宮の構図を明言しなかったが「想像しろよ。」
「ファイターズがやることだぞ。そんなん決まっているだろ!」と独自の言い回しで“演出”に回ったことを明かした。白組の先発を務める吉田輝は1イニングを投げる予定で、清宮は紅組の3番打者として出場見込み。
野球界に新たな風が吹く。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。