初の紅白戦登板で2回無失点の西武今井 合格点の内容も挙げた課題は?

西武は16日、今キャンプ初の紅白戦を行った。
多少抜けたり、引っかかったりはありましたが、だいたい強いボールが投げられましたし、打者の方々は「ボール自体はいい」と言っていたので、まっすぐに関しては徐々に良くなっていると思いますと、ある程度の成果をこの日の投球で感じ取っているようだ。しかし、2イニング目となった2回表。先頭打者・木村文に変化球をライト前に運ばれた。
走者を許してからの投球に「ヒットでランナーを出してからの四球が、まだまだというか、もったいなかったなって思います」と、2死から連続四球を与えピンチを招いたことに、自ずと投げられるイニングも長くなると思う。
そういう意味でも、カウントの取れる変化球の精度だ。「(捕手の)森さんも「まっすぐは、シートよりいい。あとは変化球。」
引っ掛けたり、抜けたりが多かったので、そこを微調整していけば大丈夫かなと、自分と同じようなことを言ってくれた。そこは良かったと思いますと、自分と同じようなことを言ってくれた。そこは良かったと思いますと、自分と同じようなことを言ってくれた。そこは良かったと思いますと、捕手を務めた森友哉とも、次なる課題は一致している。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。