DeNAの“新戦力”中井と古村が上々の再デビュー「自分を見失わない事を」

沖縄で春季キャンプ中のDeNAは16日(土)、浦添でヤクルトとの練習試合に臨み5-3で勝利した。
2回は死球による出塁があったものの、ここは無失点に抑えてマウンドを降りた。ストレートは最速147キロを記録したが、制球面に課題を残す内容となった。続く石田健大が2イニングを無失点に抑えてマウンドを降りた。
濱口はコントロールが定まらず苦しいピッチング内容だったが、三上朋也、山崎康晃といったリリーフ陣が共に1イニングを危なげなく抑えた。最終回は注目の“出戻り左腕”古村徹が登場。味方の失策により勝者を許すも、最速143キロのストレートとスライダーを軸に無失点で切り抜ける上々の再デビューを飾った。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。