【侍ジャパン】稲葉監督が見た清宮の進化とは 阪神戦で2安打2打点

◆練習試合 阪神4―4日本ハム(17日・宜野座)   侍ジャパンの稲葉篤紀監督(46)が17日、阪神と日本ハムの練習試合(宜野座)を視察。
「少しずつプロのボールに慣れてきたのかなと思いますね。速い球を含め、対応という部分で慣れてきたと感じます。振るだけでなく、しっかり合わせながら、ファウルにしたり、ヒットにしたり、そういうところを少しずつ覚えてきていると思いますね」 3回の適時打は追い込まれてからファウルで粘った末のもの。
打席の中での対応能力こそ、1年目の昨季から進化したポイントであると語った。また、稲葉監督は2打席連続適時打に「ああいう点数の欲しい場面で結果を残すというね」と感心。「これからファイターズでレギュラーをつかまないといけない立場で、まだまだやることは多いと発展途上の面を認めつつ、天性の勝負強さに一目置いていた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。