イチロー 新打撃フォームで5発「大きな記念日」

マリナーズ・イチロー外野手(45)が16日(日本時間17日)、米アリゾナ州ピオリアでメジャー19年目のキャンプ初日を迎えた。
25スイングで5本のサク越えを放った。練習後、改良の狙いについて語ることはなかったが、これまで積み上げてきた「技」に力強さを加味したような鋭いスイングに、周囲の視線が集まった。キャンプイン後に契約した昨季は、途中参加。
開幕戦にスタメン出場したものの、5月には登録から外れ、「会長付特別補佐としてトレーニングを続けてきた。今回は選手としてグラウンドに足を踏み入れただけに「イチロー選手と呼ばれるのは気持ちいいよね」としみじみと話した。招待選手としての立場とはいえ、日米通算28年目のキャンプ初日を「僕にとっては大きな記念日です」と表現し、今シーズンへの意欲を見せた。
21日からはオープン戦がスタートする。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。