中日松坂がキャンプ離脱、最短で5月の1軍目指す

右肩炎症のためノースロー調整中の中日松坂大輔投手(38)の沖縄キャンプ離脱が16日に決まった。
「診察は沖縄での診察結果と変わらなかった。チームとしても松坂本人としても最善の方法を選んだ。炎症が消えれば、スロー再開できるが、キャンプ中に沖縄に戻らない」と同代表は語った。
球団専属医、トレーナーらと今後のリハビリスケジュールを組む。松坂は2月中のノースロー調整が決まり、開幕1軍が絶望的な状況だ。今後はナゴヤ球場を中心にリハビリに専念。
3月上旬からキャッチボールを再開し、最短でも5月の1軍合流を目指すことになる。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。