日米通算28年目キャンプインのマリナーズ・イチロー一問一答

マリナーズ・イチロー外野手(45)が16日(日本時間17日)、マイナーからの招待選手としてアリゾナ州ピオリアでキャンプインした。
―選手としてキャンプ初日を迎えて。「ここにいる誰もそんなことを想像していないと思うけど、僕にとっては大きな記念日ですよね ―この日を迎えて。「ここにいる誰もそんなことを想像していないと思うけど、僕にとっては大きな記念日ですよね ―この日を迎えて。」
「誰もやってきていないことを挑戦すると言うことは、僕はいくつか結果として残してきたことでもある。でも誰かがやったことがあることよりは、誰もやったことのないことの方が、飛び込んでいくという選択になる。それは常々してきたつもりだし、今回もそのひとつ。」
ユニークだし、特殊ではあるもののそのひとつとして考えています ―今考えることは。「あれ(会長特別補佐になって)からずっと、秘めてはいました。それは場所がそうしてくれる。」
次のステージに気持ちを上げてくれると言うことがある。それは日本でずっとトレーニングをしていても、この1日には叶わない。
練習でどれだけバットを振っても1打席には叶わない、その感覚に近いかな ―誰もしたことのない挑戦となる。「比較の対象がないのでそんなに怖さはない。ただ楽しいだけでもない。」
ただいつも期待を裏切りたいという気持ちはある。この場合の期待もどちらかとらえ方によると思うけど。それは難しいと判断することも本当は難しい。
これは誰もやっていないから。判断というか、安易の責任のない意見かな。そういうのを裏切りたいと思っています ―打撃フォームが変わったように見えたが。
「そんなことを言わなくてもいいんじゃない」 ―今日の練習の強度 「軽めです。ずっと寒いところでやっていた。急に調子をこいてやるとね。
それが怖いので。時差ボケが取れるまではならしていく感じじゃないかなと思っています ―「改善と書かれたTシャツを着る選手がいた 「なかなかキツイね。僕が着るのはちょっと恥ずかしい。」
どっちかというと内に秘めるものだし。ドーンとTシャツに出されてもね。彼らには漢字ブームだからね。
「とても抵抗あります」。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。