18年目のヤクルト寺原、初登板は2回無安打「フォームもいい感じで投げられた」

ヤクルトの寺原隼人投手が、今キャンプで対外試合に初登板し、2回を無失点に封じた。
3回は先頭のモヤを空振り三振。高橋、阿部に連続四球を与えたものの、井領を中飛、杉山を空振り三振に仕留めた。
今季初実戦をまずまずの形で終えた35歳。プロ18年目の対外試合初登板後は「久しぶりに打者に投げたので緊張はしましたけど、反省は四球のところだけ。フォームもいい感じで投げられたし、ボールも思ったところに投げられた。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。