【MLB】球宴三塁手ムスタカスがブルワーズと再契約へ 1年約11億円で2年目オプション

今オフFAとなっていたマイク・ムスタカス内野手が17日(日本時間18日)、古巣ブルワーズと1年1000万ドル(約11億500万円)で再契約に合意した。
2017年終了後にFAとなったムスタカスは、所属したロイヤルズの提示する1年1740万ドル(約7億1800万円)の1年契約を狙ったが思うようなオファーが届かずに、結局ロイヤルズと650万ドル(約7億1800万円)の1年契約を結んだ。2018年シーズン途中にブルワーズへトレード移籍。
再びFAとなり長期契約を求めたが、今オフもまた苦戦を強いられたようだ。30歳三塁手は2007年ドラフト1巡目(全体2位)でロイヤルズに入り、2011年にメジャーデビュー。強打の三塁手としてレギュラーの座を掴み、2015年のワールドシリーズ制覇に大きく貢献した。
昨年はロイヤルズとブルワーズでプレーし、打率.251、28本塁打、95打点の成績を残していた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。