イチロー一問一答「誰もやってきていないことを挑戦、結果として残してきた」

マリナーズ・イチロー外野手(45)が16日(日本時間17日)、アリゾナ州ピオリアで米球界19年目のシーズンへ向けてキャンプインした。
―キャンプ初日を選手として迎えた心境は。「誰もやってきていないことを挑戦するということは、僕はいくつか結果として残してきたことでもある。でも誰かがやったことがあることよりは、誰もやったことのないことの方が、飛び込んでいくという選択になる。」
それは常々してきたつもりだし、今回もそのひとつ。ユニークだし、特殊ではあるもののそのひとつとして考えています ―キャンプが始まり、今考えることは。「それは場所がそうしてくれる。」
次のステージに気持ちを上げてくれるということがある。日本でずっとトレーニングをしていても、この1日にはかなわない。
練習でどれだけバットを振っても1打席にはかなわない、その感覚に近いかな ―練習の強度は。「軽めです。ずっと寒いところでやっていた。」
急に調子をこいてやるとね。それが怖いので。時差ボケが取れるまでは慣らしていく感じかな ―菊池もチームメートになった。
「きのうも今日もあいさつをしただけ。なにせピッチャーと野手は交わらないから。特にこの時期は」 ―新しい選手も増えたが、チームの雰囲気は。
「雰囲気はこれから作っていくもの。それはシーズンに入っていかないとできない。まずは名前と顔を覚えていかないと」。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。