イチロー新打法!決意胸にキャンプイン、45歳限界説を「裏切る」

米春季キャンプ(16日=日本時間17日、米アリゾナ州)米大リーグ、マリナーズとマイナー契約し、招待選手としてキャンプに参加するイチロー外野手(45)が、米球界19年目のシーズンへ始動した。
「お帰り!」の声に手を挙げて応えると、キャンプ施設では異例の「イ・チ・ロー!!」コールまで巻き起こった。「「イチロー選手」と呼ばれるのは気持ちいい。ここにいる誰も想像していないと思うけど、僕にとっては大きな記念日ですよね 昨季はキャンプ開始後に契約したため途中参加だった。
5月3日には選手登録から外れ、会長付特別補佐の肩書でフロント入りした。289日を経て、迎えた「選手」として2年ぶりのキャンプイン。だから、2月16日は“イチロー記念日”というわけだ。
今季初のフリー打撃では、インパクトの前に両膝を深く曲げて体を沈ませ、バットを投手寄りに倒した新フォームを披露した。「言わなくてもいいんじゃない?」と狙いは明かさなかったが、鋭い打球を飛ばし、柵越えは25スイングで5本。一方で、しなやかな走りや体脂肪率7%の体は以前と変わらなかった。
3月20、21日に東京ドームで行われる開幕カードで、昨年5月以来となるメジャー出場を目指す。同遠征ではベンチの枠が25人から28人に増えるためメンバー入りが確実だが、その後もメジャーの舞台で戦えるかどうかは不透明だ。それでも「誰かがやったことがあることより、誰もやったことがないことの方が飛び込んでいく選択肢になる。」
「今回もその一つ」。日本の野手で初めてメジャーに挑んだ先駆者の心意気も、かつてと同じだ。最高峰の舞台でどこまで戦えるか。
異例の挑戦に地元メディアの見方は厳しい。メジャー公式サイトの元名物コラムニストで、米経済誌「フォーブス」に寄稿するバリー・ブルーム記者は「イチローが米国に戻ってからロースターに入る確率は極めて低い」と評する。しかし、イチローは「“期待”を裏切りたい気持ちはあります。
安易な責任のない意見かな。そういうものを裏切りたいと思っていますと下馬評を覆すことへの自信を独特の言い回しで表した。正中堅手のマレックス・スミス外野手(25)が右肘痛で開幕までの復帰が微妙となっており、オープン戦でのチャンスも広がりそうだ。
「来年の春に僕が240パウンド(約109キロ)になっていたら終わりですよ。その可能性は低い」。自信があるからトークもさえる。
新たな歴史がここから始まる。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。