ヤクルト・ドラ1清水 フリー打撃登板でプロの打力を痛感「やっぱりすごい」

「ヤクルト春季キャンプ」(18日、浦添)  ドラフト1位の清水昇投手(国学院大)が、フリー打撃に初登板した。
一方で、柵越えされた直後に「集中力が増していった」と直球で詰まらせる場面もあった。第1クールに体調不良でダウン。そこから回復して、ようやくフリー打撃登板にこぎつけた。
「久しぶりに打者に投げて、楽しかった部分があった」という右腕に、田畑投手コーチも「打たれた後にちょっと力を入れたり。ニコッと笑ってたよ。気持ち的にはいいものを持っている」と評価。
21日のDeNAとの練習試合(浦添)で、実戦デビューする予定だ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。