阪神ジョンソン縦割れカーブで守護神期待/新顔通信

<第4クール終了:阪神新顔通信> 阪神の新外国人ピアース・ジョンソン投手(27=ジャイアンツ)が最大の武器を披露した。
何よりもインパクトを残したのは、鋭く縦に割れるパワーカーブだ。この日は、ドラフト3位の木浪聖也内野手(24=ホンダ)から、132キロのカーブで空振り三振を奪った。守護神候補としても期待される右腕は「打者との対戦は今年初めて。」
いろんな人から声をかけてもらえて気分よくプレーできたと上機嫌。一時は体調不良でチーム本隊から離れて調整していたが、12日に合流。幸い調整にも影響はなさそうだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。