G菅野&坂本、ヤクルト山田哲、DeNA筒香…侍メンバーから外れた主な選手

野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督は18日、沖縄・那覇市内で記者会見を行い、3月9日、10日に開催される「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019 日本vsメキシコ」のメンバー28人を発表した。
あの時経験させておけば良かったと後悔のないように、チームの底上げと、将来的にもジャパンを背負っていくであろう選手を集めましたと、メンバー選考の意図を説明。今回の若手主体となるメンバー構成の狙いを語った。それでは、今回の侍ジャパンメンバーから外れた主だった選手は誰だろう。
まずは、昨秋の「2018日米野球」メンバーから見ていこう。○投手岸孝之(楽天)、佐藤優(中日)、濱口遥大(DeNA)、高橋礼、甲斐拓也、上林誠知(いずれもソフトバンク)の5人だけ。
柳田のように怪我を抱えた選手もいるが、日米野球に出場した選手の実力は、ある程度把握できていることが、今回選ばれなかった大きな理由だろう。上記のメンバー以外にも、日本を代表する選手たちはいる。侍常連メンバーやタイトルホルダーで、今回メンバーに入らなかった主な選手には、以下のような面々がいる。
○投手菅野智之(巨人)、則本昂大(楽天)、中田翔(日本ハム)○外野手丸佳浩(巨人)、今宮健太、松田宣浩(いずれもソフトバンク)、宮西尚生(日本ハム)○内野手坂本勇人(巨人)、鈴木誠也(広島)、筒香嘉智、宮崎敏郎(いずれもソフトバンク)、浅村栄斗(楽天)、中村晃(ソフトバンク) 菅野や坂本、丸、筒香といった日本球界を代表する選手も選ばれていない。さらには、2017年第4回WBCで一躍脚光を浴びた千賀も外れた。今秋のプレミア12や、来年の東京五輪では彼らも代表メンバーの有力な候補となってくるはず。
稲葉監督は今後、どういったメンバーを構成するか注目だ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。