ラオスの野球大会に日本人チームも 野球を通じた国際交流で広がる支援の輪

1月にラオスで行われた野球大会は韓国野球関係者の尽力によって開催が実現した。
そんな中、韓国球界関係者の尽力によって東南アジアに位置するラオスで野球が始まったのは2014年からで、韓国プロ野球の草創期を支え、現役時代は3冠王にも輝いたイ・マンス氏が中心となり支援を行っている。韓国から指導者を派遣し、道具を集めて野球ができる環境を整えていき、翌2015年からは毎月1月に「韓国-ラオス野球大会」を開催。
ラオス国内で競技認知度を高めることを目指している。「韓国-ラオス野球大会と銘打ってはいるものの、周辺国を集めた大会となっており、その中には日本チームも参加している。なぜ、日本チームも参加している。」
ラオスで中小企業の海外展開支援事業に関わりながら野球指導も行っている山本奮(いさむ)氏によれば「元々は大会終了後にエクストラマッチのような形で日韓戦をやっていました。また、私だけでなく毎週3~4人の日本人が普段の練習に参加していたので、韓国側も私たちに「参加しないか?」とオファーしてくれたのがきっかけです」と語る。過去の大会では元日本ハムの糸数敬作氏がエクストラマッチに参加したことがあり、当時は大盛り上がりをみせたという。
ラオスは韓国人が中心となっての野球普及だが、現地在住の日本人も大会への参加や練習の手伝いをすることで支援を行っている。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。