中日・吉見が振り返る1年目キャンプ 常に好奇心を…自覚のなさ反省

【平成キャンプ回想録(18)中日希望入団枠 吉見一起】ケガ明け(右肘手術)だったので「飛ばしすぎるな。」
中田(賢一)さんも速い球を投げていて…。個性が物凄くありました。1年目のキャンプは右も左も分からないのは仕方ないけど、野球選手としての自覚がなかったなと思います。
キャッチボールの大事さやブルペンもただ投げるだけでなく、常に好奇心を持たないと、と振り返れば思います。自分で考えてやることが少なかったですね。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。