中日・松坂 「関節がずれたような状態」 脱臼には至らず

ファンと接触し、右肩を痛めてシーズン開幕での1軍入りが絶望的となった中日の松坂大輔投手(38)は「関節がずれたような状態」と診断されていた。
その後、肩の違和感を訴え、診察の結果「炎症」とされていたが、詳細は明らかになっていなかった。松坂は中日に移籍する前の2015~17年に所属していたソフトバンク時代、度重なる右肩の故障に苦しみ、1軍で1試合しか投げられなかった。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。