初選出11人のフレッシュ侍 なぜ常連組は選ばれなかったのか

野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督は18日、沖縄・那覇市内で記者会見を行い、3月9、10日に行う強化試合メキシコ戦のメンバー28人を発表。
3月下旬の開幕に合わせた調整段階だ。今回選出された侍ジャパン28選手で3年以上1軍で安定した活躍を見せ、タイトルなどを奪取したのは18年セーブ王のソフトバンク・森唯斗、17年ゴールデングラブ賞の巨人・小林誠司、3度の盗塁王、ベストナイン2度の盗塁王、ベストナイン2度の日本ハム・西川遥輝、16年ベストナインのロッテ・田村龍弘、18年セーブ王のDeNA・山崎康晃らか。
ただ、チーム全体を見渡せば、まだまだ伸び盛りの選手という印象だ。今回の侍ジャパン28選手の平均年齢は24.2歳と若い。日本ハム・清宮幸太郎やヤクルト・村上宗隆の19歳コンビを始め、巨人の吉川尚輝ら今後の球界を背負うべき選手たち。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。