/24 第73回大会(2001年) 名将、再び全国制覇に導く

2001(平成13)年の第73回大会を制したのは常総学院(茨城)。
どちらが勝っても初優勝となる決勝の相手は仙台育英の大黒柱・芳賀崇投手に序盤から襲いかかった。
同点の三回、スクイズと三浦将志外野手の2点適時二塁打で3点勝ち越し。五回にもスクイズを絡めて2点を奪うなど、芳賀投手に長短16安打を浴びせて計7点を挙げた。投げては、主将で左投げの村田哲也中堅手を六回と七回に2度救援のマウンドに送り、仙台育英の反撃を最少失点で切り抜けた。
九回の最後の攻撃も1点差でかわし、逃げ切った。仙台育英は芳賀投手の不調が誤算。2点差に追い上げ、なお続いた七回1死満塁の好機で、村山徹外野手のライナーが三直併殺となる不運もあり、涙をのんだ。
=つづく……………………………………………………………………………………………………… ▽決勝常総学院 103020001=7仙台育英 100101102=6。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。