【MLB】菊池雄星が適応段階で示す力量 初めて打者と対峙「力むのは別に悪くない」

マリナーズの菊池雄星投手が19日(日本時間20日)、スプリングトレーニングで初めて実戦形式の投球練習「ライブBP」に登板した。
直球、スライダー、カーブ、チェンジアップの全球種を投げ、制球を反省点に挙げる一方で「最初にしては悪くないかなと思う」との自己評を口にした。4人の打者に計30球を投じた菊池。捕手のサインに首を振る場面が何度かあったが、ルーキーでも遠慮を嫌い、メインテーマの「直球の確認」にブレはなかった。
最速92マイル(約148キロ)を出し、4つの空振りを取るなど「差し込めてるボールも何球かあり、そういう精度を高めていけばいいものになっていくと思う」と手応えは上々だ。この日はボールの交換を要求する場面が2度あった。日本のボールとは違いメジャーの使用球は皮を縫い合わせた部分に隙間がある。
それが縫い目の山を「低く」感じさせると菊池は言う。しっくりとくる指の掛け方を模索する中で、個々のボールの出来具合が不揃いなのも改めて実感したマウンド。ただ、こんな感触も得ている。
「まだまだ抜けてしまうボールがある。修正が必要。でも真っ直ぐが思いのほかいいボールが行っていたので、自然とスライダーが真っ直ぐと一緒に上がってくると思う」。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。