オリックス山崎福也はなぜ平均球速10キロ速くなった?

プロ5年目のオリックス・山崎福也投手(26)に異変が起こっている。
スピードガンは146キロを記録した。150キロを超える投手が何人もいる時代。特に珍しい数字ではない。
だが、出した本人が山崎福となれば話は別だ。山崎福となれば話は別だ。山崎福といえば大きく割れるスローカーブが最大の武器。
緩急が武器の投手だ。それが平均で10キロも速くなっている。投球フォームを見ても大きく変わったところはない。
なぜか? 「去年の6月からウエートトレとか、食事とか徹底的に取り組んで来たんです。体重は7キロ増えました。あとは中嶋2軍監督から投球フォームを見てもらったのもありますね 投球の際に背中が反る格好となっていたのを修正。」
効率よく力を伝えられるようになったという。半年ほどで7キロ増の肉体改造。シーズンを過ごしながらそんなことができるのか。
「実は去年の7月に西武にいた菊池雄星さん(現マリナーズ)と話す機会をいただいたんです。そこで“日にちを決めて追い込んだ方がいい。限界まで追い込むために誰かに見てもらった方がいい。」
自己満足で終わる人が多いから”とアドバイスをもらった。そこから変わりました 昨季はプロ初の0勝に終わった。キャンプも2軍スタート。
崖っぷちからの挑戦。西村監督は「いいものを出してくれた。良ければ先発もある」と高評価した。
紅白戦2試合はいずれも救援で1イニングのみ。そこから先発候補の一人まで駆け上がった。「どこでもやります。」
ずっと1軍にいたい。いることで成績は付いてくると思うんで 雄星のひと言が左腕の人生を変えるかもしれない。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。