憧れイチローに気付かず雄星没頭、打者4人に片りん

【ピオリア(アリゾナ州)19日(日本時間20日)=四竈衛、斎藤庸裕】マリナーズ菊池雄星投手(27)が、「日本一左腕」の力を発揮した。
夢見ていたイチロー外野手(45)との対戦はなかったが、実力を見せつけた。順調なら25日(同26日)のレッズ戦で、オープン戦初登板となりそうだ。 ◇  ◇  ◇菊池の直球が、勢いよくミットに吸い込まれた。
緊張感も漂う中、最初の打者への2球目と7球目。ズドンと威力のある球で空振りを奪った。「ボールは思ったよりも良かった。」
「直球に関しては空振りもとれたし、(打者を)差し込めているボールも何回かあった」。確実な手応えを得て、メジャーで初めてとなる打者相手の投球練習を終えた。直球は90~92マイル(約145~148キロ)をマーク。
対戦した打者の1人、通算54本塁打のサンタナは「直球が非常に伸びていた。最後の打者の時も(後方から)見ていたけど、本当に速かった」。スピードに加え伸びと力もあった。
首脳陣の前で実力をアピールし、菊池は「最初の方、力んでシュート回転したけど、最後の方は良い軌道だった」と満足そうに振り返った。変化球を含めて30球、「今持っている(力の)思い切り、全力で腕を振ったと必死だった。それもそのはず、直前のブルペンでは憧れの存在にも気付かなかった。
最後の11球、背後からイチローに見守られていたことを報道陣から伝え聞くと、「マジですか? 全然、気付かなかったです。自分のことでまだまだ精いっぱいで…」と苦笑い。それだけ集中していた証拠だった。
「日本で一番いい左投手」と褒められたレジェンドとの対戦はかなわなかったが、日本一左腕の片りんを存分に見せつけた。直球に手応えを得た一方で、スライダーには課題が残った。2人目のベッカムには初球の甘いスライダーを左翼線へ運ばれた。
「まだまだ抜けるボールがある。修正が必要」。それでもサービス監督からは「良いと思うから、引き続き頑張って」と激励された。
「徐々に良い形にしていければ」。収穫を得て、1歩ずつ階段を上る。◆菊池の投球内容【1人目 サンタナ(17年にシーズン30本塁打、通算54本塁打、通算54本塁打の外野手)】1球目 直球 ファウル5球目 直球 ボール4球目 スライダー ボール6球目 チェンジアップ ボール4球目 スライダー ボール4球目 直球 ボール2球目 スライダー ボール6球目 直球 ファウル。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。