【オリックス】ドラ2頓宮、昇格即“プロ初本塁打”「手応えあった」開幕スタメンに名乗り

◆オリックス紅白戦 白組1―4紅組=特別ルール=(20日・SOKKEN)  オリックスのドラフト2位・頓宮(とんぐう)裕真内野手(22)=亜大=が20日、特大の“プロ初本塁打”を放った。
左翼スタンドに消えた推定120メートル弾を見送りながら、頓宮はゆっくりとダイヤモンドを一周した。「手応えはありました。1本出て安心しました」。
2回無死一、二塁、2ボール2ストライクからの真ん中のフォークを完璧に捉えた。ベンチでチームメートとハイタッチして、緊張した表情に少し笑みがこぼれた。主砲からの助言を結果に結びつけている。
キャンプ中、吉田正に積極的に話しかけ、「追い込まれてからの対応が課題でしたと質問した。「ポイントを近くにして打つ感じと教わりました」。“吉田正流”を学び、ここまで1軍紅白戦で放った4安打のうち、2安打が2ストライク後。
この日はアーチをかけ、打撃センスの高さを見せつけた。昨年12月の入団会見で「入寮でパンチパーマにしようと思っています」と宣言。有言実行し、キャンプ前には3度目のパーマを当てて仕上げた。
キャンプ終盤を迎えて、話題性だけでなく、本業の野球でもパンチ力を発揮した。亜大では1年春から正捕手を務め、その後は一塁も兼任した。プロでは人生初の三塁挑戦もあり、キャンプ2軍スタート。
それでも、大学日本代表の4番を務めた打力を買われ、1軍紅白戦には“お試し昇格”で全試合に出場してきた。17日までの4試合で10打数3安打と結果を残し、19日から正真正銘の1軍昇格を果たした。連日ノックを受け、三塁守備も上達。
西村監督は「無難にこなしている」と評価したが、頓宮は「まだまだです。捕球の姿勢やステップをやっていきたい」と向上心にあふれる。チームは昨季、三塁手を固定できず、大城の64試合出場が最多。
西村監督は「三塁手争いに入ってきた」と西野、大城、白崎らとの激しい競争を思い描いた。オリックスの大卒野手では16年に「1番・DH」だった吉田正以来の開幕スタメンへ。頓宮は「毎日アピールしていきたい」と鼻息が荒かった。
(牟禮 聡志) ◆頓宮 裕真(とんぐう・ゆうま) ▼生まれとサイズ 1996年11月17日、岡山・備前市生まれ。22歳。181センチ、97キロ。
右投右打。▼球歴 伊部小1年から野球を始める。備前中では瀬戸内ボーイズに所属。
岡山理大付高では通算24本塁打のブーマーと同じ「44」。
入団会見では「ブーマーから“ユーマー”に変えられるように頑張りたい」と宣言。会場はややウケで「関西は厳しかった」。▼筋トレ封印 筋肉がつきすぎることから、大学時代からマシンなどを利用した高負荷のトレーニングを行わず、プロでも継続。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。