【日本ハム】侍・稲葉監督、他球団007がうなる清宮2年目の「立ち姿」 楽天戦で“1号”&5打点

◆練習試合 日本ハム12ー4楽天(21日・金武)  日本ハムの清宮幸太郎内野手(19)が楽天との練習試合(金武)に「6番・一塁」で出場し、今季1号を含む3安打5打点と2年目の進化を印象づけた。
3月9、10日の練習試合を視察した侍ジャパンの稲葉監督、ネット裏に陣取ったライバル球団のスコアラーが異口同音に口にしたのは、打席でのたたずまいだった。侍ジャパン・稲葉監督「打席での立ち姿を見ていても去年と今年では(違う)立ち姿がすごくいい構えと言いますか、堂々としている。」
後ろから見て、そういうものが見られますね 西武・千原スコアラー「何と言うか、打席で雰囲気が出ていますよね。投げ手が嫌がるような雰囲気がありますね」 稲葉監督はプロ2年目での慣れが、打席で醸し出すものにつながっているのでは―とも指摘した。ルーキーイヤー昨季は打率2割、7本塁打だったスラッガーが、一気に飛躍する予感を漂わせている。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。