ロッテ、沖縄本島遠征終了に井口監督「もっと競争激しくなる」

ロッテは21日、沖縄・嘉手町の嘉手納スポーツドームで練習を行い沖縄本島の遠征を打ち上げた。
中でも2年目の安田尚憲内野手については「アベレージもそうだが、きのう(20日、DeNA戦)の本塁打もしっかり振れていた」と評価した。高知での西武との2試合には、本隊と離れて調整中だった石川歩、マイク・ボルシンガー両投手が先発予定で、鈴木大地内野手、清田育宏外野手の合流も決まった。井口監督は「まだレギュラーが決まったわけではない。
これからもっと競争が激しくなるとさらなるポジション争いを期待した。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。