大谷 今週中のティー打撃再開に意欲 キャンプ終盤には「ちょっと投げられれば」

右肘手術の影響で今季は打者に専念するエンゼルスの大谷翔平投手(24)が20日(日本時間21日)、打撃ケージ内で素振りや室内テント内でのウエートトレーニングなど約1時間30分、体を動かした。
大谷は「(キャンプ)終盤でちょっと投げられればいいんじゃないかなと思います。うまくいけば。何通りかプランを立てていきたいなと思っていますと話した。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。