巨人・岡本、お目覚め!3安打4打点 侍J稲葉監督も4番示唆

「練習試合、巨人7-5KIA」(20日、沖縄セルラースタジアム那覇)  主砲が眠りから目覚めた。
初回2死三塁。フルスイングした打球は三塁へのボテボテのゴロだったが、全力疾走で先制の適時内野安打をもぎ取った。五回には左前へ勝ち越し適時打を放つと、七回は左線へ2点適時二塁打。
「振れるようになってきた。1打席1打席を大事にやっていた。チャンスで打てたのはよかった」と安どした。
本来の姿を取り戻した。昨季33本塁打のうち、21本が左翼方向の主砲。この日の安打は3本とも左方向の打球と力強いスイングで結果を残した。
前日、フリー打撃中に原監督から「しゃくり上げるくらいで行け!」との忠告と指導を受け、指揮官の教えを実践。「前の試合に比べて打席の感じはよかった」と主砲もニンマリだ。3月のメキシコとの強化試合で侍ジャパンに選ばれた。
視察に訪れた稲葉監督は昨年よりも大きくなった体を見て「重そうですね。非常に楽しみ」と頼もしそうに言う。侍でも4番候補に挙がる岡本は「あっという間にシーズンが始まる。
しっかりアピールできるようにと、残りの実戦も原、稲葉の両指揮官に認められる結果を残してみせる。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。