19’センバツ龍谷大平安 ボールパーク点描/下 内野は甲子園仕様 /京都

<第91回選抜高校野球>  中堅120メートル、両翼100メートルのグラウンドを初めて訪れると、誰もが「素晴らしい」と口にする。
荒れた所を重点的に「ほぐして、ならす」作業を繰り返すと説明した。来月は年に1度の土の入れ替え。「だんだん砂が多くなってカサカサしてくるので、黒土を増やして艶(つや)が出るようにしたいと畑矢さん。
お色直しが済んだ土の上で本番直前の調整が始まる。【矢倉健次】〔京都版〕。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。