センバツ広陵・呉 選手紹介/10 広陵・石原勇輝投手/呉・福永迅投手 /広島

<第91回選抜高校野球>  ◇初速アップに手応え 広陵・石原勇輝(いしはら・ゆうき)投手(2年)  昨秋の明治神宮大会で先発登板し、三回まで星稜(石川)打線から6奪三振。
体重移動を意識し、より強く踏み込むようにしたことで「初速が増した」と手応えを口にする。甲子園では「低めに集めてゴロを打たせたい」と意気込む。尊敬する人は中井哲之監督。
呉市立川尻中学出身。◇唯一のサイドスロー 呉・福永迅(ふくなが・じん)投手(1年) チーム唯一のサイドスロー投手だ。120キロ台の直球と、スライダー、カーブ、チェンジアップで打者のタイミングを外す。
「捕手のミットをめがけ、テンポ良く投げるのが身上」と力を込める。小学3年の時に中村信彦監督と出会った。
笑顔が印象的で、市呉を選んだ」。しかし練習は厳しく、「想像以上だったと笑う。くよくよしないタイプで、寝付きは良いという。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。