大谷翔平は「最も驚くべき選手」 米誌がMLB選手トップ100発表、順位は…

アメリカで最も権威あるスポーツ誌「スポーツ・イラストレイテッド」電子版が「2019年のMLB選手トップ100」を発表。
ランキングは、同誌の元記者や現記者によって作成されたWAR(WinsAboveReplacement)に重きを置いたデータを使い、スタッフが行った数日間の議論を基に作成しているという。WARはメジャーリーグで最も重視されているセイバーメトリクスの指標の1つで、様々な指標を総合して、ある選手が走攻守の全てを合わせて、どれだけ勝利に貢献したかを評価するもの。どれだけチームの勝利を増やしたかを表している。
まず、マイコラスは93位で登場。寸評では「マイルズ・マイコラスはパドレスとレンジャーズで合わせて3シーズンプレーした後、MLBから消えた」と、来日前の“鳴かず飛ばず”だった時代について紹介。「それは日本での素晴らしい3年間を過ごす以前の話である。
それにより、彼は契約に至るだけの十分な注目をカージナルスから集めたと、巨人での圧倒的な活躍でメジャー復帰を掴み取った経緯にも言及している。昨年の見事な“サクセスストーリー”については「彼はその機会を存分に生かし、防御率2.83、WHIP(1イニングあたりの四球+安打)1.07、200回2/3を投げ、18勝した。さらにオールスターにも選出された。」
彼は誰も歩かせず、凡打の山を築いた。それは間違いなく成功を掴むための秘訣と言えるだろうと指摘。「重要な数字として「3.6%」という数字を記した。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。