【MLB】「どうなってるの?」―名三塁手マチャドの驚異の“鬼肩”動画集にファン唖然

パドレスと10年総額3億ドル(約332億1000万円)の大型契約を結んだマニー・マチャド内野手の“鬼肩”動画集が話題となっている。
昨季はオリオールズ、ドジャースの2球団で主に“本職”のショートでプレーしたものの、パドレスではメジャーデビュー以来多くの美技を見せてきた三塁に戻る予定で、MLB公式ツイッターは「マニーがサードに戻る。面白くなりそうだね」との見出しで動画を公開した。強いゴロにダイビングすれば、そのまま立ち上がることなく膝立ちで一塁にボールを送る。
また、三塁線への鋭い打球を処理したときは、ファウルゾーンに体が流れた状態から反転しながら送球。苦しい体勢でもボールは力強く、ダイレクトで一塁手のグラブに収まる。肩、手首は強さは尋常ではなく、信じられない送球を次々と繰り出すマチャド。
動画に登場するそれぞれのプレーにメジャー屈指の三塁手の凄さが凝縮されている。この1分間の映像にファンは脱帽。コメントが次々とついた。
「マニー・マチャドは、それはそれは素晴らしい三塁手だ。サンディエゴ・パドレスで素晴らしい活躍をするだろう」「西地区の3位争いに火が付いた」「その腕は信じられない」「プホルスをアウトにした送球は115マイル(約185キロ)出ていたにちがいない。レーザーだ」「三塁でゴールドグラブを受賞しても驚かないね」「魔法使いのようだ」「その最後のプレーは…どうなってるんだ」 さらに、同じくメジャーで三塁の名手として知られるノーラン・アレナド内野手(ロッキーズ)と同じナ・リーグでプレーすることになったため「アレナドvsマチャド」というコメントもついた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。