【MLB】イチロー、「象徴的」仕草も復活 04年との“比較写真”にファン驚き「どっちが…」

オープン戦本拠地開幕戦となった22日(日本時間23日)のアスレチックス戦で、マリナーズのイチロー外野手が296日ぶりに実戦出場。
イチローと言えば、この仕草だろう。打席に入った背番号51が右手を伸ばしてバットを立て、左手で右肩付近のユニホームをクッと引く。
まさに「象徴的」な動きだ。MLB公式インスタグラムは、この日の試合でイチローが右肩のユニフォームを引いた瞬間の写真を投稿。さらにもう1枚、若かりし頃の同じ瞬間を捉えた1枚も公開した。
2004年。イチローが年間262安打のアンタッチャブルなメジャー記録を打ち立てたシーズンだ。ファンからは、全くスタイルが変わらないイチローを称えるコメントが相次いだ。
「神 イチローはカッコイイ」「#GOAT「史上最高の打者だ」「エンゼルスのファンです。マリナーズのことは好きでも何ともないけど、彼は史上最高の選手の1人です」「依然として素晴らしい」「彼はイニシャルが「MVP」ということで有名だね「どっちが2019年のもの? 彼は不老だね」「マリナーズには史上最高のイチローとグリフィーがいる」「ザ・サムライ」「新たな始まりだ」「尊敬」 なかには、パドレスと大型契約を結んだばかりのマチャドを意識して「彼こそ10年3億ドル(約332億円)に値する」とコメントするファンも。
「いいね!」は公開から6時間ほどで12万件を超えている。この日の試合では、2-0で迎えた3回2死満塁の絶好機で打席に立ち、「新型打撃フォーム」で昨年4月22日の敵地レンジャーズ戦以来、306日ぶりのヒットも放ったイチロー。伝説が再び動き始めた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。