ロッテ・バルガス、来日1号はバックスクリーン直撃弾

「練習試合、西武2-4ロッテ」(23日、春野総合運動公園野球場)  名刺代わりの1発は豪快だった。
推定130メートル弾だ。「感覚としていい感じだ。練習でもいい感じで振れている」。
実戦初の本塁打をこう振り返った。強振ではなかった。「ルーキーリーグ時代から、追い込まれたらミートしろと教えられてきた。」
それをやっているだけさという。196センチ、体重133キロはNPBナンバー1。しかし、パワーだけを前面に押し出すタイプではないようだ。
「(本塁打は)角度がつけば打てる。強振は考えていない。パワーヒッターでなくても本塁打は打てるだろう。」
角度の付け方を分かっている 来日当初の食事は肉類がメインで「400グラムくらいかな」と話すが、最近は「シーフード、魚系を食べているよ」と日本食にもなじんでいる。あだ名はゴリラ。本塁打を放ったら、胸をたたくポースを約束していたが、この日は「三塁から本塁へ向かう途中でやるつもりだが練習試合だからね」と“自粛”してハイタッチの際に行った。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。