阪神育成D1・片山、打てる捕手として猛アピール 実戦4試合で打率・500

阪神の育成ドラフト1位・片山雄哉捕手(24)=BCL福井=が24日、韓国・ハンファ戦(安芸)に「6番・DH」で出場し、4打数3安打1打点。
 「今日は今日、昨日は昨日と、良くても悪くても切り替えをしている。昨日打てたから今日も打てるという保証はない 1、3打席目に右方向へ快音を残すと、3打席目に右方向へ快音を残すと、3-1の七回2死一、三塁では効果的な中前適時打で猛打賞を決めた。」
悪いときこそ大胆にの心構え。試合のなかでも冷静に、謙虚になってバットを振った。さらに五回からはDHを外れてマスクを被り、六回に一塁走者をけん制死させた。
八回1死一、三塁では二盗阻止した。「打てるだけでは捕手は成り立たない。肩がある、と見せられれば投手からの信頼にもつながる 平田2軍監督は「フットワークなんか、初日のシートノックと比べたらすごい成長だよ」とベタ褒め。
「いままでやってきたことをやり続けることが大事。けがすることなく、やりきると決めたことをやりきりたい」 キャンプも残り3日。色めき立つことなく、謙虚にアピールを続ける。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。