【MLB】エンゼルス主砲トラウトが独白 大谷翔平に“敬意”「打者としてとても必要」

昨シーズンのMVP投票で2位に入り、2012年から7年連続で同4位以内(2014、2016年はMVP受賞)に入るなど、“現役最強プレーヤー”の呼び声高いエンゼルスのマイク・トラウト外野手。
2011年にデビューしてから2度のMVP、7度のオールスター選出など数々の実績を積み上げ、エンゼルスだけでなくメジャーの“顔”となったトラウト。走攻守全てをハイレベルでこなす実力もさることながら、27歳で併せ持つ謙虚さもたまらない魅力のひとつである。そして、そのプレーには“華”がある。
エンゼルスのスプリングトレーニングは、18日(日本時間19日)から野手組も合流。オフシーズンについて、トラウトは「とても良かったよ。(オフから)戻って来てみるとたくさんの新しいプレーヤーやコーチがいるしね。」
シーズンがとても楽しみだよと語る。充実ぶりが伝わってくる。エンゼルスは、長らく監督を務めていたマイク・ソーシア氏が昨年限りで退任。
ブラッド・オースマス氏が新監督は昨年GM補佐を務めていただけに、その人柄については十分に分かっている。「ブラッド(オースマス)はとてもいいよ。」
「ソーシア監督が)とてもいい監督だったから、彼の元でしかプレーしてないし、(ソーシア監督の元でプレーするのはとても好きだった。でもブラッドは新しいチャレンジに向けていろいろなことを持って来てくれるからね。今のところはとても楽しいよ」。
ソーシア前監督への敬意を忘れることはないが、指揮官交代はポジティブにとらえている様子だ。昨季はキャリアで2番目に多い39本塁打(最多は2015年の41本塁打)を放ち、出塁率+長打率、1.088)でキャリアハイを記録するなど、さらなる進化を見せた。トラウトは「いい年だったよ」と語る。
ただ、「僕も含めて怪我は多かったけどね。だから今年はシーズンを通してプレーできるように頑張りたいと、140試合の出場にとどまったことは反省。今季の出場にとどまったことは反省。」
ケガもしないようにしたいねと意気込んでいる。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。