ドラ1小園は「すごい」「ちょっと生意気」!? 広島の選手たちが語る“素顔”

24日のオープン戦初戦・DeNA戦で対外試合初ヒットとなる左前安打を放った広島のドラフト1位ルーキー小園海斗内野手。
では、周囲の“先輩”は小園をどのように見ているのだろうか。同期入団で大卒のドラフト6位ルーキー正隨優弥外野手はキャンプ初日から一緒に自転車を買いに行くなど、共に行動することが多かった。正隨は高校時代、大阪桐蔭という競争の激しいチームでもまれてきたが、「自分が高校を出たばかりの同じ時期とは比べものにならない。」
自分だったら、あそこまで落ち着いてプレーできないですよと脱帽。また、正隨と同じく同期入団で大卒のドラフト2位・島内颯太郎投手も「高卒であれだけ堂々とできるのはすごい。自分が高校を出たての時は絶対にできないです」と18歳の姿勢に驚きを隠せない。
一方、キャンプ中に小園と共に行動することがあったそうだが、「良い意味で淡々としていますよね。」
プレーでも守備が上手いし、足も速い。でもね、ちょっと生意気ですよ(笑)」と冗談まじりに話した。その横にちょうど小園がやってきて「そんなことないですよ!」と慌てて否定している姿も微笑ましかった。
1軍に帯同して1か月も経っていないのに、これだけチームに溶け込めている要因は小園の朗らかな人柄だろう。天真爛漫で裏表がなく、人懐っこい性格でもある小園。高校時代も2017年秋に藤原恭大(現ロッテ)と2人だけ、2年生で侍ジャパンU18代表に選出されたが、3年生に混じって物怖じせずプレーしていた。
当時、主戦でマウンドに立った徳山壮磨投手(現早大)は小園について「アイツは可愛がられる性格ですよ」と話していた。小園自身もどこかアットホームなカープの雰囲気になじんでいるようで、同じ兵庫県出身の大卒5年目・野間峻祥外野手らと談笑することもある。すっかり赤色に馴染み、プレーヤーとしても光りを放っている背番号51。
新しいカープの“顔”となる日も、そう遠くないかもしれない。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。