西武・山川「どすこい」お披露目 難敵ボルシンガーから豪快な一発

◆練習試合 西武2-3ロッテ(24日=高知・春野)  昨季本塁打王の西武・山川穂高内野手(27)が“今季1号弾”を放った。
「普通に来た球を打っただけですよ。結果として出てくるのはうれしいですけど、シーズンで打てるようにしたいですね」 ボルシンガーは直前の3人に対し、11球すべてが直球。調整段階で対外試合初登板の助っ人が、真っすぐを投げるのは、もちろん分かっていた。
それでも昨季は、本塁打を打てなかった難敵から両翼100メートル、中堅122メートルと広い春野の最深部に放り込み「つかんだかもしれません。分からないかもしれませんね。見つけてください。」
そんなに変えていないですけどと禅問答。対外試合での13打席目に飛び出した一撃で“つかんだエキス”を、わざわざ敵に開示する必要もない。慎重なコメントは、確かな手応えの裏返しだ。
「一発で仕留めたのは本人もうれしいだろうし…いやいや、うれしいかどうか分かんないな。まあ、これからの実戦で、調子を上げていってくれたらいい」と辻監督。浅村が楽天へFA移籍し、前後を打つ打者の顔ぶれがまだ定着していない中、山川の「4番」だけは、まさに不変。
山川は「周りどうこうより、自分のことだけ考えています」。己の技に磨きをかけることが、チームの勝利に結びつく。今の時期はその“主砲道”を突き進んでいくだけだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。