【MLB】飲酒運転&“逃走”の姜正浩がOP戦で2連発 指揮官興奮「この男はクレイジー」

昨年11月にパイレーツと年俸300万ドル(約3億4200万円)プラス出来高払いで再契約した姜正浩内野手が24日(日本時間25日)、マーリンズとのオープン戦で2打席連続アーチを放った。
2回の第1打席で左翼席へ2号ソロ、4回の第1打席で左翼席へ2号ソロを放ち2打数2安打2打点と大暴れ。パイレーツ公式サイトも「カンが春の初戦で本塁打を2本放つ」と見出しを付け姜正浩の活躍を報じている。記事では飲酒運転で事故を起こした事により17年、18年の約2年間メジャーから遠ざかったことに言及し「カンは今、ペースを取り戻そうとしている。
しかし、この31歳の三塁手は、春の初戦で懸念を消し去った可能性が高いと、順調な仕上がりを見せていることを伝えた。クリント・ハードル監督も「(ベンチコーチの)トミー・プリンスと顔を見合わせ、「この男はクレイジーだ。クレイジーなことができるんだと言ったよ。」
彼は自信を持っているねと称賛。最高のスタートを切った姜正浩も「またパイレーツでプレーできて嬉しい。冬にしっかりと準備したんだ。」
実際、良い感覚と体の状態を保てたよと手応えを口にしている。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。