エンゼルス菊池がメジャー初登板 2回を1K2失点

エンゼルスの菊池雄星投手(27)が25日(日本時間26日)、米アリゾナ州ピオリアでのレッズ戦とのオープン戦に先発し、メジャーで初めてとなるマウンドに立った。
6番ファーマーにセンターに弾き返されて1失点。センターの守備エラーも重なり一、三塁とされ、7番アービンを三ゴロ併殺に打ち取ったものの三走がホームを踏み2点を失った。菊池は随所に力のある速球やよくコントロールされた変化球を投げ、実力を示した。
MLBの公式ホームページでも一回に通算269本塁打を誇る2番ボットをカーブで空振り三振を奪ったシーンを、「強打者がバカに見えるような投球とツイートしていた。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。