ソフトバンク、初対外試合は楽天に敗戦 開幕投手の千賀が2回2失点

ソフトバンクは26日、宮崎・アイビースタジアムで「球春みやざきベースボールゲームズ」楽天戦を戦い、初の対外試合は1-2で敗れた。
先発したスアレス、ミランダがそれぞれ2回を無失点に封じたが、開幕投手の千賀が2失点だった。
打線も菅原、西宮、小野、木村、今野と楽天投手陣の前に8回までゼロ行進。雨天中止などでこの日が初の対外試合ということもあって、楽天を上回る8安打を放ったが、あと1本が出ず、9回に内野ゴロの間に返した1点止まりだった。楽天は銀次、嶋らベテランが安打を放ち、山下は2安打だった。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。