【MLB】菊池雄星「まだまだ」 10年MVPからカーブで三振奪取も…煮え切らない理由

マリナーズの菊池雄星投手が25日(日本時間26日)のレッズ戦でオープン戦デビューを果たした。
「メジャーの打者を感じられたところが一番の収穫」 花巻東高時代からずっと憧れたメジャーの強者たちとの対戦で、この日一番の見せ場が早々に訪れた。1回、イチローを敬愛する左の好打者ボットとの対決。カウント2-2からの6球目、体の近くから曲がるカーブで三振を奪った。
ボットはドジャースのエース左腕を引き合いに出し「カーショーみたいだった」と嘆息した。しかし、観客を沸かせた勝負には菊池自身が煮え切らないものがあったようだ。「変化球の中ではカーブがスライダーよりもいいという話を(ナルバエズが)してくれたが、まだまだ、僕の中ではスライダーが一番と思っている 前日には「キャッチャーが感じる僕の良さと、僕が感じる自分の長所には多分、今まだ距離があると思うので、そこを詰めていく」とも話していただけに、受けたナルバエズ捕手との“距離”が見え、収穫となった。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。