矢野監督90点キャンプ「野手は高いレベルで競争」

阪神矢野燿大監督(50)が27日、宜野座キャンプを高評価した。
90点ぐらいですかねと振り返った。ナインに競争と自主性をあおる。新人木浪が打撃で非凡さを見せ、内野争いに殴り込み。
一気にヒートアップした。外野も中谷、江越、高山が実戦で本塁打を応酬する猛アピール。激しく火花を散らし、レギュラー争いは3月に持ち越す。
指揮官自身はブルペンに足しげく通った。主戦のメッセンジャー、新顔の西、ガルシアの3枚看板に信頼を寄せる。3人を名指しして「ほぼ間違いなく入ってくる」と開幕ローテーション入りを明言した。
注目は3月29日ヤクルト戦(京セラドーム大阪)の開幕投手だろう。近年はキャンプ中にメッセンジャーに大役を通達していたが、今年は慎重に見極めるスタンスだ。「もう少し、考えていきたい。」
(3月中旬までに決断し、3枚看板の三つどもえのバトルになりそうだ。課題も浮き彫りになった。「どこまでいっても100点はない。」
「投手がもうちょっと出てくるかなと思って…」。先発候補の小野が右肘違和感でペースダウン。期待の才木や望月も及第点の登板にならず、10点の減点だ。
本番まで1カ月で、戦力を整えていく。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。