阪神・矢野監督「いい悩みが増えた」 宜野座キャンプを総括

阪神は宜野座キャンプ最終日の27日、シートノックなど軽めの練習メニューをこなして打ち上げた。
遊撃手に再挑戦している鳥谷や二塁ポジションを狙う新主将の糸原ら実力者がひしめく「二遊間」、復調を示す高山やドラフト1位近本(大阪ガス)らが競う「センター」を挙げ、「高いレベルで競争してくれたと満足げに話した。正遊撃手を目指す北條を「自分が引っ張るという気持ちが出ている」としてキャンプMVPに挙げた。勝負強い打撃と堅実な守備で猛アピールしたドラフト3位木浪(ホンダ)の奮闘ぶりを高評価した。
投手陣はメッセンジャーと新加入の西、ガルシアの3人が順調な調整を見せており、「(先発ローテーションは)ほぼ間違いない。その次に誰が来るかはこれからのオープン戦で決まっていくと、藤浪らの奮起を促した。開幕まであと約1カ月。」
「判断基準として結果を求めていく」と話し、チーム内競争を通した見極めを強調した。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。