【MLB】いざ開幕スタメンへ! イチローが挑むマリナーズの熾烈な外野手争い

昨季までオリックスを指揮した福良淳一氏が米球団の視察でマリナーズのキャンプ施設を訪れた26日(日本時間27日)だった。
「まだわかりません。だってそういう立場ですから」 3月20、21日に行った恒例のシーズン総括会見から一貫して「状態に問題がなければ28人枠に入れる」としている。
先日もピオリアのキャンプ地で聞いた答えに変化はなかった。ただ、イチローが生き残りをかける意識で臨んでいるキャンプは、チーム再建の鍵とする「若手の育成」の現場にもなっている。気になる外野の布陣に目を転じると、左翼はブルワーズから移籍した27歳のサンタナが首脳陣の期待にたがわぬ活躍をオープン戦で見せている。
3試合に出場し6打数4安打、打率6割6分7厘、1本塁打4打点。右翼は昨季26本塁打4打点。右翼は昨季26本塁打4打点。右翼は昨季26本塁打93打点を挙げブレークした28歳のハニガーが不動。
東京開催でハ二ガーを中堅に回す考えも示している。またメッツから加入のブルースは左翼、一塁、DHの役回りでオープン戦に出ている。
2016年のドラフト1位、25歳のカイル・ルイスはイチローと同じマイナー契約の招待選手で、メジャー出場の前提となる40人枠入りを目指す逸材。オープン戦で2ランを放った22日のオープン戦初戦後、結果への捉え方はこれまでと違うかという問いにイチローは「そりゃやっぱり変わった立場がありますから。」
当然だと思いますと歯切れ良く答えている。ここまでオープン戦4試合に出場し、8打数1安打2打点、3三振1盗塁、打率1割2分5厘で守備機会はない。イチローの巻き返しを期待したいところだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。