ロッテ・内がブルペン入りも「まだまだです」

昨年の11月9日に「右ひじ関節鏡視下遊離体除去術」を行ったロッテの内竜也が27日、ロッテ浦和球場のブルペンで捕手を座らせて投げ込みを行った。
内の投球を見守った小野晋吾二軍投手コーチは「まだ投げ始めたばかりで、様子を見ている感じ」と話しており、マリーンズのブルペンには欠かせない存在。焦りは禁物だが、1日でも早い復帰が待たれるところだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。