大暴投が一転、バックネットが“カットプレー” 米大学で衝撃の結末動画が話題

アメリカの大学野球でユニークなプレーでゲームセットを迎える珍事が起こった。
試合は5-4とマリタイムがリードし7回を迎えた。2死二塁のピンチで投手は二塁牽制を悪送球し、ボールを拾った中堅手はホームへ大暴投……。ゲームは同点になるかと思われたがバックネットに跳ね返ってきたボールがタイミングよくホームベースに転がり、スライディングで捕手を交わし同点のホームインを目指した走者はタッチされ間一髪でアウトとなった。
「CUT4」はこの珍プレーゲームセットに「バックネットへの跳ね返りは結果としてホーム上で最もラッキーなプレーとなった」と見出しを付け「ユニークという言葉では表すことができない」と紹介している。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。