巨人・岩隈の再出発…新元号から始まる5月に 原監督“設定”「彼には時間が必要」

「巨人春季キャンプ」(27日、那覇)  巨人・岩隈久志投手(37)が27日、今キャンプで初めて本格的なブルペン投球を解禁した。
両腕を高く上げながらボールをグラブに収め、しなやかなフォームで投げ込んだ。岩隈はカーブ、スライダーなど変化球も交え、感触を確かめていく。捕手の背後には原監督、自身の横には宮本投手総合コーチの姿。
駆けつけた家族にも見守られながら、「感じ良く投げられたと納得の表情を浮かべた。21日のブルペンでは捕手を座らせたが、ホームベースより前に構えてもらった上での投球。だがこの日は通常の距離に戻し、実戦と同じ感覚を研ぎ澄ました。」
セットポジションから始め、37球目からはノーワインドアップ。「段階としては良かったと手応えも口にした。17年秋に右肩を手術し、キャンプ序盤には右ふくらはぎを痛めた。」
それだけに原監督は「まだ彼には時間が必要かな」と日米通算170勝の右腕を、キャンプ終了後に2軍で実戦登板を積み、目標に定めたのがシーズン最初のヤマ場となる4月下旬からの10連戦。
指揮官は「いいんじゃない。それは、俺も異議なし」と期待を込めた。5月には新元号。
新たな時代、そして新天地で岩隈が輝きを放つ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。