【巨人】開幕メンバー構築へ教育リーグもフル活用…ドラ1高橋6日西武第二へ

巨人は28日、投手陣に関してオープン戦と2軍春季教育リーグをフル活用して、開幕メンバーを固めていく方針となった。
一方、5、6番手を争う若手は1軍の試合数に限りがあることもあり、より長いイニングを投げるため、2軍教育リーグ、西武戦(西武第二)、14日の教育リーグ、西武戦(西武第二)、14日の楽天戦(G球場)を予定。
ファームの試合とはいえ、スタミナ面も含め重要な判断材料。首脳陣は総合的に判断し、20日過ぎまでに開幕ローテを固める方針だ。また、1軍戦で先発投手陣が同日に複数登板しないことで、試合の後半は多くの中継ぎ陣をテストすることが可能。
2軍から救援陣を昇格する案もある。沢村が先発転向するなど、方程式メンバーはほぼ白紙状態。広い視野で開幕メンバーを組み立てる。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。