【楽天】台湾出身の宋家豪が最終回を3人で締め、凱旋登板を飾る

◆国際親善試合 楽天2―1ラミゴ(28日、台湾・台北市立天母棒球場)  【台北(台湾)=片岡泰彦】地元・台湾出身の宋家豪投手(26)が、見事に凱旋登板を飾った。
最後の打者を三ゴロに仕留め、試合をピシャリと締めくくった。「ファンのみなさんが熱い応援をしてくれて、本当にうれしかった。全力で真っすぐを投げることを考えました」。
昨季40試合に登板したセットアッパーは、昨季途中からクローザーを務めたハーマン、セットアッパー候補の新外国人・ブセニッツがいて、1軍登録は確約されてはいない。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。